FEATURES

農業のIT化で追求し続ける”トマトへの深い情熱”

藤沢で90年もの間トマトの生産を続けている、井出トマト農園。
15代目・井出 寿利さんは、本物の”おいしさ”を追求し、農場にIoT(Internet of Things)を積極的に取り入れ、日本ではめずらしい農業のIT化を図っている。
常に喜ばれる商品づくりを目指し、トマトへの深い情熱をお話しされる井出さん。
その愛情はトマトだけでなく、共に事業に向き合う従業員の方へも強く感じられた。

90年続く藤沢農場の他に、8月から10月の猛暑期のトマト生産を支える、静岡県・富士高原農場。
今回のインタビュアー、“Surf Beat Music”を掲げるハイブリッド・バンド『SPiCYSOL』Gt/AKUNさんがこの素晴らしいロケーションの農場を訪れ、井出さんにお話を伺う。
富士山の麓に位置する広々とした富士高原農場にいると、無駄な力が抜け、心本来の望みが感じられる。
この雄大な土地での、次なるビジョンについても語っていただいた。

井出トマト農園 HP Instagram
SPiCYSOL AKUN(アクン) HP Instagram